戦略的SNS運用のやり方 【クレメアさん徹底分析-1000人フォロワー達成記念】



あなたはクレメア(@cremea_tw)という男をご存知だろうか。

知っている人は知っているだろう。
しゅーへいさん(@shupeiman)という当時知らない人に24万円もするMacbookを買った人だ

いや本当にすごい。
最初見た時本当にびっくりした。

そんな彼、クレメアさんはたった10日で1000人フォロワーを達成し、圧倒的なスピードで影響力を増し続けている。

そんな彼のことをよく知らない人はこんな風にいうかもしれない。

「インフルエンサーに引き上げてもらっただけだろ?」

 

本当にそうだろうか。

否。

彼のことをよく調べれば調べるほど、「いかに戦略的か」がわかる。
そしてこれから、そんなことをいうことができなくなるくらいに大きな影響力を持っていくと思う。

何故なら、彼は、「仕組み」を作ったから。

これから目の離せないクレメアさんのことを分析していくので、気になる方だけご覧いただきたい。

クレメアさんの凄いところ3選

クレメアさんの凄いところは大きく3つあると思っている。

  1. 過去の豊富な経験値
  2. 圧倒的な作業量
  3. フレンドリーさ
一つずつ解説していきたい。

①過去の豊富な経験値

友人に30万円借金をし、高額塾に入塾するまでの話

タイトルを見てもらえばわかると思うのだが大学生の時に経験した情報商材の失敗談である。
この記事は全部で1章から6章まであるのだが、見てもらえるとわかる、圧倒的な量と、圧倒的は失敗量と圧倒的な経験値。

また自身のブログでも言っていたのだが、クレメアさんには引き出しが無限にあるようで、どんな話題を振ったとしてもなんでも出てくるような知性を持っているそうである。

それを生かしてブロガーを企画を考える企画を500人のときに実施したり、

自身のYoutubeチャンネルでは、ラジオ形式でブログのコンサルをしたりしている。
ラジオとか聞いていて「特に」思うが、どんだけ引き出しあんねん!ってなります。

②圧倒的な作業量

クレメアさん、本当に作業量が圧倒的。

1ヶ月の記事数82記事。約1日3本。文字数にして約25万文字とのこと。
1記事3000文字以上の記事を3本。1日約1万文字を毎日続けていたことになる。

これだけでも圧倒的な作業量なのに注目すべきが、時間を最適化させようとしている点である。
時間だけが平等に与えられた資源であることは当たり前な話だが、クレメアさんは自分の時間の管理を徹底して無駄のないように管理しているのだ。

たすくまとGoogleカレンダーを同期してリアルタイムでライフログを簡単に作成する方法

自身もTwitterで語っていたが、圧倒的な作業を短期間でやることで、自分の当たり前の基準を一気にあげる。
それによって自分を一気に高めていったのだ。

③フレンドリーさ

クレメアさんはとってもフレンドリー。
みんなの兄貴感が凄い。

Twitterでは、「(>∀<)」と「笑ってる絵文字」が多い。
コメントくれた人、引用してくれた人に丁寧にコメントを返しているのが印象的だった。

また、自身の企画では相談者のブログのコンサルをしたり、企画を考えたり、、
何か絡んだら面白いことがありそうだ!という期待感と実際に得られるものの質の高さがクレメアさんのフォロワーを増やしていった原因なのだろう。

フォロワー500人突破企画!あなたの記事ネタ、僕が考えます!

愛のある夏祭りを企画したのでたくさんの人に読んでほしい。

こういった実績も、クレメアさんの「企画脳」が存分に生かされていて凄いなと思える。

以上がクレメアさんの凄いところだ。

 

・・・これで終わり?
そんな風に思った人もいるかもしれない。普通の人をただ分析するんだったら、

「クレメアさんは素敵な人です!是非フォローしてね!」

とかいって終わっていたかもしれない。
でも今回はそれで終わりたくない。何故なら、本当に凄いのはここからだから。

圧倒的戦略性

大きく3つにわけて説明していく。

長期的な戦略策定


クレメアさんがMacbookを購入する前にしていたTweetである。
この時に、クレメアさんは「ブログ」で結果を出すことを決めていた。

ここが大きい気がしていて、みんなの前に現れる前から今の状態、いやもっと上の状態を想像していたのかもしれない。

少なくとも、上記のTweetから「ブロガー」の方々を参考にするということは、その地点で「結果を出しているブロガー」の分析はしていたと思うし、今では割と有名になってきた「Twitterのフォロワーの増やし方」みたいなところは確実に抑えていただろう。

なので、「絡んだらなにかいいことありそうという期待感」と「只者じゃない感」と「ファンを作る」 というTwitterのフォロワーを増やす秘訣をしっかり抑えたものになっているのだと考える。

目的とコスパを考える


これもMacbookを買った話が世の中に出回る前の話である。
そして、「有名なブロガーの真似をしよう」と考えたのちのTweetである。

ここからは仮説だが、「目的」=「ブロガーとして成功すること」としたとき。
1番最速で有名になれる、影響力をもつためには……を考えると「しゅうへいさんのMacbookを購入する」のは1番最速ではないだろうか。

※クレメアさんがMacbookを買ったしゅうへいさんは、ブロガー界では有名中の有名なイケハヤさん(@IHayato) が最初に開いた「ブロギル」のギルドマスターをやっている人である……。

普通の人がMacbookを仮に買ったとしたら、一瞬有名になったとしてもすぐにその火は消えてしまうかもしれない。
でもクレメアさんは違った。1000人までフォロワーを増やし、圧倒的な結果を出している。

24万円のMacbook。
言うならば「純広告」「スポンサー」みたいなものである。

凄い。

仕組みを作る

クレメアさんは、ブログの端々で言っているのだが「仕組みを作りたい」と言っていた。
その視点から見てみると面白いものが見えてくる。

500人のフォロワーさんがついたタイミングで、「企画案」を考えるものを始めた。Macbookの件で流入してきたフォロワーさんは間違いなくブロガーである可能性が高い。
クレメアさんの企画脳とこれまでの圧倒的な経験があってこそ成し遂げられたものではあるが、ブロガーであるフォロワーさんに対して「有益な価値」を与えた。

企画案を考える→効果高い→口コミが広がる→人が集まる&ファンが増える→影響力が増す

というサイクルを高速で回していた。

信用経済と言う言葉は聞いたことがあるだろうか。
「信用」というものがお金と同じくらい、いやそれ以上に大事になるということである。

ではTwitter上での「信用」とは何か。
ブログでの「信用」とは何か。

色々要素はあるが、「フォロワー数」というものは間違いなく要素に入ってくるし、
「誰が発信しているのか」というところが鮮明になっているのは間違いなく信用力が強い。

信用力をつけるのはとっても大変なことである。
しかし、クレメアさんは圧倒的な初速を得た。Macbookを購入することによって。

 

クレメアさんが初めて今のアカウントでしたTweetを知っているだろうか。

>新しい時代の新しい生活が生む新しい欲求は新たな資産形成のチャンスに見える。

もう全部言わなくてもわかるだろう。

 

「こいつ、只者じゃねえ、、」

 

信じるか信じないかはあなた次第です……

 

以上でクレメアさん(@cremea_tw )の分析を終わります。

クレメアさんの今日のブログでやたら滞在時間長い人は僕です。
Tweet遡ったりしてごめんなさい。

クレメアさん、本当に凄い勉強になる人です。
あなたも自分の戦略をたてて、新しい時代を生き抜く戦略を立てましょう。

 

おわり。

◆◇◆SNSでシェアをしてね◆◇◆

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    やりたいことなんてわからない! 書きたいことを書く!突き進んでいる間になにか見つかるはず! そう思いながら、日々もがいてます。 3年後。嫁とイケてる企業を田舎に作るため、生きる力を身につけてます。 本業は、アプリの企画と運営。 ディレクターとマーケターやってます。 グロースハックや、マネタイズなど何でも屋さんです。